リゾートバイト持ち物リスト|女性の私が3ヶ月住み込みリゾバをした荷物を公開

リゾートバイト持ち物リスト|女性の私が3ヶ月住み込みリゾバをした荷物を公開

更新日:

リゾートバイト持ち物

「荷造りが苦手…。そもそもリゾバで必要な持ち物は何だろう…。」

「なるべく身軽で行きたいけどどうしたら…。」

リゾートバイトを目前に、持ち物で思い悩む人も多いと思います。そんな私も荷造りは大の苦手。

加えて、リゾバ生活は普通の旅行よりも荷物が多くなるので、もう大変です。初めてリゾバを始めたころは、それはもう重い荷物を頑張って運んでいました。

ハル
けれど、重要なものが事前に分かれば、荷造りもしやすい!!

ということで、今回は仲居やホテルスタッフで3ヶ月以上働いた経験のある私が、リゾバでは外せない持ち物+荷物を減らすコツをご紹介。

リゾバに必要な持ち物をチェックして、賢く荷造りしていきましょう!!!

 

リゾートバイトであると便利な持ち物と必需品

あれもこれもと考えていると、ついつい多くなってしまう荷物。

少しでも減らそうと省いたものが意外に必要だった!!なんてことも、リゾバ生活では多々ありました。

まずは私の経験から忘れがちだったり、一見すると必要じゃなさそうだけどないと意外に不便な持ち物をご紹介します。

1.洗濯ネットは必需品

洗濯ネットはないと、意外に困ります!どんなリゾバ生活でも、洗濯機は大体、共用です。

そして、中抜けの時間など、洗濯機を使いたい時間帯が他の人とかぶることもしばしば。

自分の洗濯物を取りに行ったとき、終わっていれば洗濯機から出されてしまっていることも多々あります。

そんな時、下着類がそのままだったら…相当恥ずかしい思いをしてしまうのです。洗濯ネットはどこへ行っても必需品。

持って行って得こそあれ、損は絶対しません。

ハル
洗濯ネットは安くてかさばらないし、あるに越したことはありませんね

2.ハンガー・洗濯ばさみは仲居の着付けでも役立つ

リゾートバイト ハンガー

ハンガー・洗濯ばさみ持っていると、重宝します!!!経験上、4~5個は持っていた方がいいと思います。

派遣先によっては寮に置いてあることもありますが、それだけではも足りないことも。

ハンガーは制服をかけたり、洗濯物を干す以外にも、濡れたタオルをちょっとかけておくなど「ちょっとしたこと」によく使えます。

かさばるものでもないので、洗濯ばさみと一緒にもっていけば「持ってきてよかったー」と実感する時が訪れるでしょう。

ハル
本式の着物で仲居をする方は、洗濯ばさみは着付けの時にも役立ちますよ。

3.タオルとフェイスタオルを複数枚

リゾートバイト タオル

衣類は忘れることはありませんが、タオルは意外に忘れがち。でも、忘れた場合のダメージは結構大きいです。

バスタオルとフェイスタオルそれぞれ数枚あると快適。

しかしバスタオルはかさばるので、フェイスタオルと少し大きめのタオルを2~3枚ずつでも全然大丈夫です。

ハル
私はバスタオルは持っていかない派です。

4.スリッパ・サンダルは旅館内の移動に便利

リゾートバイト サンダル

スリッパ・サンダルはあると、便利です。ちょっと外へ出るとき、寮内を移動するときなど役立ちます。

アパート式の寮なら必要ないですが、ホテル・旅館内に寮がある場合は持っていくことをお勧めします。

因みに私の場合、もの凄く汚くて素足で歩きたくなかった寮お風呂が一階下にある寮で生活している時にサンダルを重宝しました。

ハル
スリッパやサンダルなら薄くてかさばらないですね。

5.たこ足コンセントで寮生活を快適に

リゾートバイト たこ足コンセント

リゾバ仲間が使っていて便利そうだったので、現地でたこ足コンセントを購入しました。

無くても、生活に支障は無かったのですが、購入したことで寝ながらスマホをいじれたりと毎日がより便利に!!部屋によってはとても使いづらい位置にコンセントがあることもあります。

家にあればあらかじめ持って行ってもいいですし、後日必要そうであれば現地で購入してもいいでしょう。

ハル
私は近くにあったホームセンターで購入しました。

6.メモとペンの準備も忘れずに

リゾートバイト メモ

生活用品にばかり気を取られて、初日にメモとペンがない!!!なんてことにならない様に、ちゃんと準備しておきましょう。

派遣先の近くにコンビニなどがあればそこでも買えますが、近くにお店がない場合もあるので事前に買っておくといいと思います。

ハル
移動してからバタバタしない様にしたいですよね。

 

職種・季節・場所別のリゾートバイトの持ち物

リゾートバイトで必要な持ち物のチェックリスト、私のリゾバの経験から仲居・ホテルスタッフ・スキー場・沖縄で必要な持ち物をご紹介。

1.すべての職種で必要な持ち物

貴重品:現金(2~3万)、キャッシュカード、クレジットカード、保険証 or 身分証、印鑑

衣服:外出用の洋服(3~4日分)、下着類、部屋着、タオル

洗面用品:シャンプ・リンス、歯ブラシ・歯磨き粉、石鹸・ボディソープ・洗顔料、化粧品
リゾートバイト シャンプー
薬品・雑貨:洗濯ばさみ・ハンガー、生理用品、眼鏡・コンタクト、ビニール袋

マグカップとスプーン、お箸:自分の部屋でほっと一息つくのに重宝しました。3食付きで料理することはなくても、部屋でコーヒータイムが必要な方は持っていくといいと思います。
リゾートバイトマグカップ
ドライヤー:寮にあったりなかったり。事前に担当さんに確認すると確実です。私は使い慣れたものが良かったので、自分の物を持ち込みました。

洗濯洗剤:荷物になるので、最初の1週間分を小分けして持ち、後日派遣先で購入するのがお勧めです。キューブの物が、持ち運びしやすいと思います。

薬(常備薬、痛み止め):リゾバ生活の中で、ドラッグストアが近くにないことが結構ありました。なので、痛み止めなど持っていくといいかもしれません。

爪切り:無くて困ったことがあります。派遣先で「爪切り貸してください」というのもなんかちょっとカッコ悪かったので、買いに行きました。

2.仲居で必要な持ち物

リゾートバイト

本式の着物で仲居のお仕事をするなら、絶対持っていくべきアイテムがあります。それは、クリップ

着付けの時に使うもので、洗濯ばさみでも代用可です。

リゾートバイト 洗濯ばさみ

今では私も自分で着物を着れるようになりましたが、仲居として働き始めた当初は着付けにとても時間がかかりました…。

本式の着物を着るときの、必需品ですよ。あと、長襦袢の下に着る薄めの肌着があると安心です。

因みに、本式の着物には以下のような小物が必要になります。

長襦袢
襟芯
腰ひも
コーリンベルト
伊達締め
帯板
帯枕
帯揚げ
帯締め

これら小物類は、すべて用意してくれる派遣会社を探しましょう。私も全て派遣会社が用意してくれたので、自分では買いませんでした。

いちいち買っていたら初期費用がマジで半端ないですし、選んだ色が着物に合うかも分かりません。

最初は支給されたものを使って、慣れてきたら使いやすいものや可愛いものをネットなどで購入するといいと思います。

 

*派遣会社の比較は大事!

ただでさえ住み込みで準備の大変なリゾートバイト 。

派遣会社によって持ち物だけでなく時給も変わるので、リゾバ先の選び方も知っておきましょう。

関連記事リゾートバイトおすすめランキング2020【短期・職種!信頼5社リゾバ派遣会社比較】

 

3.ホテルスタッフで必要な持ち物

リゾートバイト ホテルスタッフ

私の働いたホテルでは、事前に必要だったのは靴下のみでした。場所によっては、Yシャツ、黒い靴、ストッキング等を用意する必要があります。

リゾートバイト 持ち物

案件のうち何件かで迷っていたのですが、用意する持ち物の少ないところで決めました。

ハル
荷物は極力、少なくしたいですよね。

4.スキー場で必要な持ち物

私はスキー場でリゾバをしたことはありませんが、友人によると雪や寒さ対策の為の荷物が必要になるとのこと。

リゾートバイト スキー場

寮内は暖房がしっかり効いているため薄着で過ごすことが多かったそうです。

長靴(スノーブーツ)
防寒用衣服…ヒートテック、フリース、フェイスマスク、ニット帽、手袋など。

スノボウエアを防寒着として普段着の上着にしている人もいるみたいです。

ハル
防寒対策にはしっかりとした準備が必要ですね。

5.夏の海辺・沖縄で必要な持ち物

リゾートバイト

沖縄など日差しの強い場所では、紫外線対策が必須です。特に必要な持ち物は、こちら。

水着
日焼け止め
UVカットサングラス

UVカットサングラスはみんな忘れがちな必須アイテムだそうです。

ハル
目からの紫外線対策は、とても大切ですもんね。

 

リゾートバイトの持ち物を入れたキャリーバッグと私の想い出

リゾートバイト持ち物 キャリーバッグ

私は、海外旅行用のスーツケースですべての荷物を運びました。沢山入るので詰め込み過ぎて、めっちゃくちゃ重かったです。

リゾバ初心者の頃は、いらんものばかりを詰め込んでいました・・・・あるホテルでリゾバ生活を始める頃。

リゾートバイト

入寮(移動)日、最寄りの駅から無料シャトルバスが出ていたので、それに乗ってホテルまで向かうよう指示されていました。

そのシャトルバスに荷物と一緒に乗り込んだのですが、運転手のおじさんに小言を言われたことがあります。

「こんなに重くて何が入ってんだか。」

 

ホテルに着いた後、一通り挨拶を済ませると、副支配人が寮まで案内してくれました。

3階だったのですが、とても重い荷物を上まで運んでくれたことを覚えています。

荷物が重いと色々と大変ですが、数か月生活するために必要なものが入っているのです。

初めてのリゾバはただでさえ不安です。なので多少荷物が重くなってしまっても仕方ない、と気楽に捉えることも初めは重要かもしれません。

 

*もっと私の想い出、リゾバの体験談(リゾートバイトで働くメリット、デメリット)を知りたい方はこちらも参考にしてください。

関連記事リゾートバイトとは|「きつい」「やめとけ」の口コミ評判【私のリゾバ体験談】

 

リゾートバイトの持ち物を減らすためのコツ

1.消耗品は現地で購入しよう。

シャンプー・リンスや、洗濯洗剤等の液体はとても重く、荷物になります。

少量をボトルに詰め替えて持っていくなどして1週間は乗り切り、最初の休日は買い物に充てるといいかもしれません。

詰め替え用の小さめのボトルがあれば、リゾバ終了後そのまま旅行に行く場合でも、シャンプーなどを少し持っていけますね。

もし、洗剤などがたくさん余ってしまったら、リゾバ仲間にあげてもいいと思います。

タイミングよく入れ違いで入ってきた人には、とても喜ばれます。

 

Googleマップ等で、事前に周囲のスーパーなどチェックしておくといいです

電車で2~3駅くらいの距離であれば、買い物もそれほど苦痛にはなりません。

私の場合は10分くらい先の駅にドン・キホーテがありました。

2.電子書籍・ネット動画で暇つぶし

派遣先によっては周りに何もなく、暇で仕方がないことも。

そんな暇つぶし対策として自宅から漫画などを持ち込んだりする人もいますが、これめっちゃ荷物になりますよね。

なので、暇つぶしは電子書籍で。ネット動画で。そうすれば、新しい本を買ったとしても、余計な荷物が増えなくて済みます。

 

3ヶ月以上のリゾートバイトでは持ち物の郵送必須

リゾートバイト 持ち物 郵送

私は、3か月以上同じ職場でリゾバをしたことがありますが、荷物を送ったことはありません。

なぜなら、初めはどこも延長するつもりなんてなかったから。気づいたら長居していたという感じでした。

なので、いつも3か月のつもりで荷造りをしていました。

荷物が予想以上に重くなってしまったときも、送ったことはありません。どんな雰囲気か分からない派遣先に荷物を送るのは、なんとなく嫌だったので。

しかし、今思えば、送ってしまった方がスマートだったような気もします。

リゾートバイト 荷物 送る

ただ、やはり職場に送るのには抵抗があるので、事前に担当さんに寮の住所を確認し、入寮後に日付指定して配送すればよかったです。

長期で同じ場所に滞在しているとついつい物が増えてしまいます。

入室する時は全部自分で運び入れても、結局、退室するときに荷物を配送することも多々ありました。

ハル
冬は余計に荷物が多くなりますよ。

 

リゾバ仲間の置き土産がある場合も

派遣先によっては、以前のリゾバスタッフが残していった備品が置いてあったりします。

私が初めてリゾバをした旅館の寮には、押し入れの中にたくさんの物が。テーブルや椅子、カゴなどが置いてありました。

私はその中から、ハンガー洗面用具を入れるカゴをゲットしました。

ガチガチに全部準備していかなくても、思いがけないところで必要な物が手に入ることもあるのです。

ハル
なんて、ラッキー!

 

リゾートバイトの持ち物の良くある質問

1.現地でリゾートバイトの持ち物は買える?

もちろん現地で持ち物は買えます。周辺環境を事前にチェックしておきましょう。

送られてくる案件にも記載がありますが、Googleマップでの確認をお勧めします。

Googleマップだと数駅先の周辺までチェックできるので、便利です。

個人的に、最寄駅から10~15分以内の駅であれば、休日買い物に行くのも億劫にはなりませんでした。

事前に店の大体の位置が分かっていれば、買い物にも出かけやすいでしょう。

ハル
うっかり忘れてしまった荷物などあっても、安心ですね

2.リゾバ派遣会社から持ち物リストを渡される?

派遣会社からも、持ち物リストは渡されましたが参考程度のものでした。なので、ネットで検索して自分の様のリストを作り、それをもとに確認していました。

3.リゾートバイトの持ち物でどのくらい現金は必要?

現金は2~3万で十分です。

初日の移動日を除けば、リゾバ生活で現金が必要になるのは休日遊びに出るときくらいです。

食事付きの派遣先がほとんどなので、仕事の日は特に必要になりません。

近くにコンビニなどあればふらっと買い物することもあるかもしれませんが、コンビニがあればATMもあります

最近はカード支払いが主流になってきています。現金が必要になるのは「カード決算のできない超ローカルな店」を利用する時くらいでしょう。

ハル
寮内の乾燥機が有料であったりすると小銭が必要になることもあるかも…。

4.リゾートバイトの荷物でWi-Fiは必要?

リゾートバイト wifi

「動画をよく観る!」

「普段の生活で携帯のデータ容量だけでは足りない!」

のであればWi-Fiを検討してみてもいいかもしれません。

 

ほとんどの派遣先が「ホテル・旅館内はWi-Fi環境」というもの。

これは、寮内にWi-Fiがあるという意味ではありません(館内寮であれば使えます)。

Wi-Fiのある寮も探せばあるようですが、多くはないでしょう。

 

ただ、工夫次第でカバーできる部分もあります。旅館で働いている時には「寮で観る動画を、館内での仕事中にダウンロード」している人もいました。

もしWi-Fiを持っていくのであれば、エリア確認をお忘れなく。データ用SIMという選択肢もあります。

ハル
普段どのくらいデータを使っているのか確認してみよう。

5.リゾートバイトの仕事で必要な持ち物の確認方法は?

案件に記載があります。

靴下だけでいい所もあれば、Yシャツや靴を用意しなければいけないところもあります。

案件を確認して、担当さんにも再度確認をすれば問題ありません。

6.派遣先の寮の備品の確認方法は?

リゾートバイト 持ち物

こちらも、上記写真のように案件に記載があります。

ただ、中には「キッチン・トイレ・バス」など大雑把にしか書いていない案件もあるので、詳しいことは担当さんに確認するといいでしょう。

内容としては「TV、エアコン、洗濯機・乾燥機、冷蔵庫、コンロ、クローゼット」の確認でなんとなく印象が掴めるんじゃないでしょうか。

因みに、「洗濯機は無料だけど、乾燥機は有料」というところもあるので、要確認です。

7.リゾートバイトで持ち物の盗難ある?

残念ながら、持ち物の盗難もあります。防犯はしっかりしておきましょう。

私自身、被害にあったことはありませんが、リゾバ仲間で部屋から私物を盗まれた人はいます。

更衣室のロッカーでの盗難も聞いたことがあります。

どちらのケースも「鍵をしていなかった」ことが原因なので、普段からきちんと鍵をかけていればそこまで心配はないと思います。

あとは、無駄に大金を持っていかないことも重要。

リゾバ仲間が部屋に遊びに来るときは、貴重品をしっかりしまっておくことで防犯は十分出来るはずです。

8.車やバイクでリゾートバイトの持ち物は運べる?

車やバイクで荷物を運べます。私も、箱根から熱海へ移動するときは、友人の車で荷物を運んでもらいました。

寮が派遣先のホテルから離れていたので、誰にも気兼ねすることもなく運び入れることが出来ました。

時期は入寮してから数日後。寮の場所や周囲のパーキングエリアなどの把握をし、段取りを立ててからにしました。

 

寮がホテル館内にある場合などは、責任者に許可を取るなどの配慮が必要になるかもしれません。

初日から車で運び入れがしたい場合は、派遣会社の担当さんに相談してみるといいでしょう。

大抵は月極の駐車場代がかかりますが、車持ち込みOKのリゾバもたくさんあります。

9.ペットは宿泊先に連れていける?

よほど特殊な案件がない限り、ペットは基本NGです。

「ペットOKのホテル」でのリゾバもありますが、その場合もお客様がペットを連れてこれるという意味で、スタッフのペットがOKなわけではありません。

リゾートバイトの持ち物まとめ

生活の必需品は欠かさず準備
厳選アイテム6選と地域の気候別必需品をチェック
消耗品は現地購入
必要な時は荷物の配送も考えよう

なるべく少なく荷造りしようと努力しても、最初はなかなか難しいかもしれません。

でも、大丈夫!!!リゾバを続けると、そのうち自分に必要なものが分かってきますよ。

ハル
わたしと同じように、荷造りが楽しくなる日も近いかもしれません!リゾバ生活を楽しんでいきましょう♪

 

Copyright© リゾバ娘|2020年リゾートバイトおすすめランキング【15社派遣会社を比較】 , 2020 All Rights Reserved.